そすいの郷ブログ

そすいの郷ブログ

熊本地震義捐金

5月29日開催の「第21回総会」の席上、当産直会金田会長から那須塩原市社会福祉協議会山崎事務局長へ、直売センターに設置した募金箱で、お買い物客、生産者会員、職員などのご芳志、総額20万円をお渡ししました。
gikenkin

お菓子工房がオープン

この4月から、直売センターの中の加工所で作ってきた まんじゅう、柏餅に加えて、どら焼き、(豆)大福が新しくデビューしました。美味しいですよ。ぜひご賞味下さい。今後も、地元出身の「お菓子職人」の手で、新しいお菓子を追加する予定です。ご期待下さい。
どら焼き
豆大福

高齢者向け弁当の委託を受けました

この4月から那須塩原市社会福祉協議会の委託を受け、「おふくろ亭」の惣菜コーナーで高齢者向け弁当を作っています。
毎週火曜日と金曜日に各50食前後、注文数を社会福祉協議会の事務所に届けます。その後は地域の宅配ボランティアが、独居の高齢者宅へ見守りを兼ねて届けます。
弁当1
献立は、高齢者に優しい、栄養価と食べ易さを考慮しています。

弁当2
コンテナに揃えて。
弁当3
専用の配送車でお届けしています。

この他、おふくろ亭では、ご家庭の法事、地域の行事等の仕出しお弁当のご注文をお受けしています。数、地域によっては無料で配達しています。お問合せ下さい。

年の瀬の風景

東京ではアメ横、地元ではそすいの郷。正月準備の買い物で混雑する場所の定番である。
今年も、開店9時前に、200人ものお客様が行列を作る日が何日かあった。
正月用餅の予約販売、年越しそばの予約販売。どちらも多くのお客様にご利用をいただいている。
 お米と麹からつくる本物の「甘酒」の無料配布も人気である。
歳末人出
餅予約
甘酒無料